管理栄養士の幸せなごはんとみそ汁生活

福岡の管理栄養士 chikaが本音を語るブログ♪

カテゴリ: about玄米・ごはん

こんばんは!

管理栄養士のchikaです









今日は久しぶりに

重ための話を書こうと思います☆







へぇ〜 そういう考えもあるんだ〜



と、軽く読んでいただければと思います













私、


ご縁があって今年の春から

保育園の給食の仕事をしています。






それで、


乳幼児や保護者の方、保育士さんたちと



関わるようになって…







新たに教わること、気付かされることが


たくさんあります!











そんな中で、今日は


「乳児性湿疹」について書きますね。
















乳児性湿疹。








保育園でたびたび耳にする言葉。









なんだそりゃ。








インターネットで調べてみたら…









「赤ちゃんにでる湿疹」



「原因は不明」



「そのうち治ります」










…という感じ。












はぁ。そうですか














「原因不明」なんじゃなくて、






お医者さんの本音は


「はっきり言えません」


なのでは??


















私の友人で


地球の裏側、ケニアの病院で働いた経験のある


栄養士さんがいるのですが…








彼女に訊いたところ、

ケニアには

乳児性湿疹の赤ちゃんなんていないそうです









つまり、


乳児性湿疹というのは


先進国だけの症状なのかな!?



















「乳児性湿疹」って



いかにもな病名ですが…








オブラートに包んでいるだけ。





ずばり、


「親や祖父母の食生活のツケ湿疹」


だと私は思います!!!








(根拠もなく、無責任なことを言っているって

自覚しています。

顔の見えないネット上で、ごめんなさい。

でも、私はそうとしか思えないんです。)
















残留農薬、

遺伝子組み換え食品、

ホルモン剤等を使って育った畜肉、

食品添加物、

質の悪い油脂類、

精製された白い食品(小麦粉や白砂糖や精白米)、








などなど……











親や、その上の祖父母たちが



こういったあらゆる人工物を食べているから。









そのツケが、


小さな胎児にまわってきているのでは。。。














赤ちゃんの健康状態と


2世代前(祖父母)の食生活の因果関係を


科学的に明らかにするのは、

困難を極めます。






誰にも証明できない。




根拠は提示できない。













だけど、



因果関係は大アリ!!



そうとしか思えない状況じゃないですか??

























上述の

体に悪い人工的な食品を、

できるだけ摂らないのが理想です。









が、しかし、



偉そうに語ってる私でも、


日々、食べています。








お菓子も食べるし


コンビニやファストフード店にも行きます。












だから、


将来、私が子どもを産んだら、


乳児性湿疹が出るかもしれないです。






そのときは、我が子に



「ごめんね、私の食生活が悪いせいで、

痒くてつらい思いをさせてしまって。」


と謝るしかありません











そう思っています。

















そして…








体に悪い食品を

完璧には排除できないけど……










無理なく、できる範囲のことはやろう!!












そう思っています





















「悪い食品を摂らない努力」をすること。






そして、もうひとつは


「悪いものを体外に排出できる体」になること。



これも大切です。


(つまり、腸内環境をベストに整えることですね☆)




















あなたも。今からでも。





“ごはんとみそ汁生活”を時々意識するだけでも



未来は変わっていくと思います









6483715F-51F3-4BD4-A061-20B1A844DC61
















では今日はこのへんで♪






心も体も健康で
幸せな生活ができますように。
















こんばんは!

管理栄養士のchikaです











今日はお誕生日の子に

ささやかなプレゼントをしました








みそ汁の中に……






FBF876F2-84EF-4F21-B36E-2E3513B3B584







星型にんじんです☆









ですが反応イマイチでした(笑)








「来年は星じゃなくてハートがいいな♪」


って言われました






業務用のハート型

なかなか売ってないんだよな〜。




来年までの課題だ!















あ、それから嬉しいこともありました!




4月はじめから昨日まで、


給食が苦手で


いつもお残ししていたTくん。






今日はごはん、みそ汁、おかずも

全部ピカピカ


初めて完食しました












どんな「あの手この手」を使ったと思いますか?






少しずつ書いていきますね。














というのも…







昨日の記事で

乳幼児の食事について書きました。






(お読みでない方は、コチラです↓
http://gohanandmisosoup.blog.jp/archives/8868085.html










昨日書いたことは

あくまでも原則的なことで…










「でも、ウチの子は◯◯◯なの!」




と、


親御さんは

色々なお悩みを抱えていらっしゃると思います。









ですので補足として





いくつかのパターンについて、






私の思うところを書いてみようと思います♪












(私は5年間の教員生活で

たくさんの偏食の子どもと関わってきて、



少食・偏食の子が改善する過程を

たくさん見てきました



また、保護者の方からお子さんの食のお悩みを

相談されることも多くありました。



そういった経験を通して感じた

私の個人的見解です。


全てのお子さんに当てはまるとは限りません。


参考程度にお読みください!!)


















お悩み①

「ウチの子は、

ごはんもみそ汁も食べてくれません。」










子どもが本来、本能的に好むはずの

ごはんとみそ汁でさえ食べようとしない、

食事が細い子。食べることに関心がない子。







見ている私は「食べないでお腹すかないの?」

「食べないでどうやって生きてるの?不思議〜。」



と思ってしまいます。










結構いるいる、このタイプの子。













まさに、こじらせていますね…。












もしかしたらその子は、

味覚や嗅覚などがとっても敏感な、

感受性の高い子なのかもしれません







なのに、乳幼児の頃から

その子に合っている以上のペースで
食べることを強要されてしまい、




そのせいで「食事」=「苦痛」



になっている可能性があります。







苦痛の時間になると、

食欲なんてゼロになります。












こういった子への対処法としては、食事の時間に


「楽しいねぇ〜♪」

「美味しいねぇ〜♪」



ということを、




根気強く子どもに伝えていきましょう!!










食事の時、


大人の表情は険しくなっていませんか?


口調がキツくなっていませんか?











とにかくゆったりと、

リラックスした食卓を演出しましょう♪











子どもが好きなぬいぐるみを食卓に置いたり、


楽しい音楽を流すのも効果的です。













初めは全然食べられなくても、


決して

叱ったり非難したりしないでください!










園や学校と、おうちの方とが


連携することが大切です








連携するというのは、


報告・連絡・相談をするということです。







園や学校と、おうちの方とが

同じ目標に向かい(子どもの偏食を直すなど)、



うまくいったやり方や、失敗したことの

反省・分析などを情報共有しましょう♪










そうすると、


園や学校だけ、とか

親御さんだけ、が頑張るよりも、




確実に成果が出ます♪♪











さて、この話は長くなりそうなので、

今日はここまで☆





心も体も健康で
幸せな生活ができますように。

























こんばんは!

管理栄養士のchikaです











今日の給食は

鮭の塩焼き定食♪




みそ汁は具だくさん!
5種類も入れました





7C19404A-8ADC-4674-8847-80FC42C607D8









4月ももう4週目。






最初はなかなか食が進まなかった

繊細な子どもたちも、




だいぶリラックスしてきて

食べてくれる量が増えてきました









とは言え、


子どもの「食」は個人差があります。












もりもりと何でも意欲的に食べる子。






一方、好きなもの以外はなかなか食べない子。
















後者のタイプの子に対して……










大人が



「野菜も食べなさい!」


「残さず食べなさい!」






って言ったところで…









子どもはますます嫌がるだけですよね。











子どもは、大人と違って


食経験が少なく(色々なものを食べたことがない)、


味覚が未発達です。











なので、


子どもは本能的に



食べ物の色で判断しますし

(緑色や青色は嫌い。

苦くて熟していなくて毒があるもの。)、



酸味や苦味に敏感です。











これは、いたって健全なことです。




子どもが好き嫌いをする(特に野菜やおかずを嫌う)のは


当たり前のことなんです♪












そして、


それらの苦手なものを


無理に食べさせる必要は


全くありません!!









ほっといても、成長につれて



自然に色々なものを食べるようになりますし



味覚は発達していきます。







(まれに、

大人になっても野菜を全く食べない人もいますが、

それはまた別の問題です。)















子どもが本能的に好む、必要とするのは


「でんぷん」と「水分」です。







つまり、


「米・芋・かぼちゃ」と「汁物」。












ですので、


子どものうちは、



ご飯とみそ汁さえ食べていればいい!







(でんぷんと同じ「糖質」の仲間ですが、

白砂糖や小麦粉は中毒食品なのでダメです!)















主菜もあって、副菜もあって、バランスよく…





というのは、勝手な大人の事情!!









肉や野菜のおかずは


子どもの発育に必ずしも必要ではないし、





味覚が未発達の子どもに

無理して色々食べさせなくていいのです♪












ほぼ幕内秀夫さんの受け売りですが、

本当にそうだと実感する今日この頃














子どもが嫌う食べ物を


無理やり口に突っ込んだりしていませんか??










子どもが嫌うには、嫌うだけの理由があるのです。






緑色のものは、毒がある。

酸味があるものは、腐ってる。

触感があまりに硬いものは、熟していない、食べ物ではない。





子どもはそう感じているのです。





(他にも、硬すぎる、大きすぎる、飲み込みづらい、

お腹が空いていない、気分が落ち込んでいる、など

他の理由も考えられます。)










それを無理に食べさせるのは、

子どもにとっては苦痛でしかありません。











あなただったら、どうですか??







明らかに腐っているとわかる、

ドロドロして臭いものを

無理やり口につっこまれたら??





嫌がっても、「我が社に入社したからには、

これを食べる規則になっています!」


なんて上司に言われたら……



「こんな会社辞める!」ってなりますよね












食べ物の「色」も大事です。




真っ青に着色されたお米とかどうでしょう!??



絶対美味しくなさそうですよね



食べなくても見ただけで、

「美味しくない」とわかります。



食べたいとは決して思いません。













子どもにとっても、


それと同じことです。




美味しそうに見えないものや、

実際に美味しくないと感じるものを





無理やり口に突っ込まれるのは

心身ともにかなりの苦痛を強いられることです。








そんなことを大人から強要されると、


当然、子どもは食事の時間が恐怖になります。





ますます偏食傾向が加速してしまうだけです。

















だから、





ご飯とみそ汁だけでいい。

(食べられるなら、みそ汁を具だくさんにすればいい










それでもし、肉・魚が食べられたら、

「すごい!お兄さんお姉さんになったね!」




もし、野菜の副菜も食べられたら、

「すごい!大人の仲間入りだね!」







と褒めてあげてください













少しずつ、



例えば「にんじんさん1つだけ」など

小さな目標から子どもに提案し、






初めての食材を食べられたら

その都度褒めて、






そうやっていたら


自然と子どもは成長していきます








子どもの本能を信じて。






「お母さんに甘えたい」本能を

まずしっかり満たしてあげて、

(過保護はいけませんが)






あとは

「どんどん成長したい」本能も

きちんと発揮してくれます。








それが子どもです。















親御さんは、


世間に溢れる情報に惑わされずに





我が子を信じて、

我が子の成長を焦らず見守りましょう

















…という話を、


私は明後日の会議で保育士さん方に提案します☆




がんばるぞ〜☆












心も体も健康で
幸せな生活ができますように。




















































こんばんは!

管理栄養士のchikaです











私、2か月ほど前に、



「もしかしたら近い将来、……」と



このブログに書きました。




(コチラの過去記事です。↓
http://gohanandmisosoup.blog.jp/archives/7059414.html






当時、

あまり現実的に考えていたわけではないのですが…







これが、現実になるかもしれません!!





ご縁がつながりまして






言ってみるもんですねぇ!!








特にすぐ実現しそうなのは…



安武真吾さん。




かの有名な

「はなちゃんのみそ汁」の、お父さんです。






安武さんと、


お仕事ご一緒するかもしれない。


今年か、来年か。











私の人生、


何が起こるかわからない!!





今後の展開が楽しみです☆















さて。








EB0C2CD6-11A0-43F3-8F2E-0F1A86F74E62




昨日の給食です。





肉団子を手作りしました







玉ねぎや長ねぎをみじん切りして、


豚ミンチと一緒にこねて、


味付けは塩としょうゆくらい。

(最後にあんを絡めます。)





(「◯◯のもと」とか
化学調味料とか
使いません。
マヨネーズもケチャップも使いません。)





これを一つ一つ、

手で丸く形にして、

スチコンで焼きます。















私の献立は、


手作りにこだわっています。






確かに時間はちょっとかかるけど、






作業内容としては難しいことではありません。


失敗知らずの簡単レシピばかり














それに、



コストも安くすむ!!✨










昨日、

今月の食材費を計算してみたのですが…









おおよそ、250円くらいでした!




(午前おやつ、昼食、午後おやつの合計。
1人あたり。)










栄養士じゃない人はピンとこないでしょうが、




これは結構お安いです。









野菜はほぼ国産、

(ケチケチせずに、青みの野菜もたっぷり使用。)



米はわりと上等なヒノリカリ、



調味料や乾物はオーガニックのお店から

高級品を取り寄せています。










こんだけ食材にこだわって、


ほぼ私の理想の献立、






なのに、







結果、こんなに低価格!✨

















その秘訣はなにかって……






食材費を抑える工夫は色々ありますが……







ひとことで言うなら、



「ごはんとみそ汁献立」だから







です!



















おやつも米だしね〜

お米って安いんですよ。


(詳しくは過去記事参照。↓「ごはんはいくら?」
http://gohanandmisosoup.blog.jp/archives/1813341.html


















みなさんも、


騙されたと思って!





「ごはんとみそ汁生活」


ぜひ、できることだけでも


取り入れてみてください♪














心も体も健康で
幸せな生活ができますように。













こんばんは!

管理栄養士のchikaです









今日は雨。



時おり風も強くて、

私は差していた折りたたみ傘が

ひっくり返りました(笑)













さて今日は、


ごはんが進む♪


“ごはんのおとも”をご紹介♪







0792D562-532C-4B44-A4AE-9F863CE310D4






鶏の肉みそ





※私のレシピでは、正確な分量は載せません。
(ここぞというポイントの時だけ載せます。)
細かい数字にとらわれず、気軽に
作ってほしいからです。
料理が苦手な方にとっては最初は難しいかも
しれませんが、自分の感覚で料理を
楽しんでほしいと思っています。※





《材料》

a○しょうが(私はスライスして冷凍ストック♪)
a○にんにく(私は「にんにくの醤油漬け」♪)
a○長ねぎ
a○玉ねぎ
○ごま油
○鶏ミンチ
b○酒
b○砂糖
b○しょうゆ
b○みりん
b○みそ


※「にんにくの醤油漬け」については
コチラ↓の過去記事をご参照ください♪
http://gohanandmisosoup.blog.jp/archives/4430020.html





《作り方》

① aの食材をみじん切りにして、ごま油で炒める。
② 鶏ミンチ、臭みとりの酒を加え、ミンチをよくほぐしながら炒める。
③ bの調味料を適当な量入れて、煮詰める。






aの食材は、何でもいいです♪



私は、冷蔵庫や冷凍庫にあった

香味野菜たちを使いました。



ごぼうやしいたけも合います。







肉は豚ミンチでもいいのですが、



豚肉は冷えると

脂が白く固まってギトギトするのが嫌で…。


(温かいご飯に乗せると
その脂が溶けておいしいですけどね♪)









調味料も、

お好みで色々冒険できます☆




ラー油とか入れてみるのもいいかも













調味料を濃いめにして、しっかり加熱すれば

数週間は持ちます









私は先週末、これをビン2個分作りました。






時間がなくておかずが作れない日も、

これがあればごはんが進む!







これでごはん2杯食べて、


そして

具だくさんのみそ汁があれば、




それで充分です










今週1ビン食べたので、



もう1ビンで来週を乗り切ります









おにぎりの具にしても美味しいかも!







よかったら皆さん作ってみてくださいね。









それでは今日はここまで。







心も体も健康で
幸せな生活ができますように。














↑このページのトップヘ